カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介
新聞de元気主宰 小林マサヤ
記者会見の現場を踏み、延べ1万人以上のインタビューと5万本以上の新聞記事を執筆。
また、小売り現場で売場構築とネット販売にも実績を残し、実体験に基づく実践マーケティング分野にも精通している。
「仕事は生活の安定と自己実現をめざすべき」という持論のもと、就転職・再就職アドバイザー業務も開始。
編集の楽しさを知っていただくとともに、目的に応じた効果を生み出す編集法をいっしょに開発します。
メインブログ



月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
rss atom
ホーム 販促ツール内製化支援
売れるセールスレター書きます!
一瞬で惹きつけ、関心を手繰り寄せ、自分と重ねさせ、変化をイメージさせ、生理的欲求に変える。
これが、

 「新聞de元気山口編集La★boのライティングスタイル」です。

●売れるセールスレターに必要な5つのポイント

売れるセールスレターって、どこがちがうの?
        って思ったことはありませんか。
あれっと思って読み進めたら、なんだか商品が欲しくなってしまった。
これが、セールスレターです。
 セールスレターは 「ニーズ」を「ウォンツ」に変える 最強のツールです。
売れる、売れない、の差がどこで生まれるのか、5つのポイントから紹介しましょう。

●セールスレターはあいさつ文ではありません

 社長:セールスレターだから、商品の説明をしかり入れなきゃ!
 社員:それじゃ同封するチラシと一緒になっちゃうじゃないですか?
 社長:チラシは写真とデザインで目に止まるから、セールスレターはもっとあるだろう。
    例えば、客さんの声とか。
 社員:お客様の声もチラシに入れました。
 社長:??? じゃあ、しっかり挨拶して、詳しい説明とか効果とか入れて、買ってもらえるようにしっかりお願いしておけよ。

これでは、セールスレターの意味がありませんね。商品解説書とお願い文章になってしまいます。
セールスに出向いてチラシを見せて、「良い商品なの買ってください。よろしくお願いします」と言うのと同じです。
セールスレターは、売上効果につながる「挨拶文」とは、少しちがうのです。

よく考えてみてください。DMやポスティングでセールスレターをもらった側には、ニーズもウォンツも存在していません。
そこで、いきなりチラシとセールスレターを見せて「さあ、買ってください」というのと同じですから、 よほど何かに悩んでいたか、必要と思わなければそのままゴミ箱に行くのは目に見えています。

●「それができれば苦労はしない」の「それができる方法」です

それでは、売れるセールスレターとはどういうものを言うのでしょうか?
ズバリ・・・・
 「ニーズを、ウォンツに変える」のがセールスレターです。
 またまた、評論家の話かよ! それができれば、苦労はしないよ!
 と思われた方も多いと思います。
 では、その書き方の手順について紹介しましょう。具体的に5つのポイントを紹介します。
 書き馴れれば、この順番を変えても書けるのですが、最初はこの順番で書いていくと1つのシナリオが描けます。
 「ニーズを、ウォンツに変える」文章は、5つのステップで流れを組み立てます。

●売れるセールスレターに変わる5つのポイント

 〔簑蠶鶺と帰属意識から関心を手繰り寄せる
   「○○の不足は、○○の原因です」「日本人の○○%が同じ悩みを持っています」
    こういう表現によって、問題提起とともに「そうなんだ。自分も一緒なんだ」という仲間意識と安心感につなげる。
 背景と原因を明らかにする
       現象には、必ず背景があり、結果につながった原因があります。
 ○○の働きと効果(結果)を紐解いて説明する
   効果につながる「働き」(作用)が必ずあります。

ここまで読み進めた人は、すでにセールスレターの内容を自分のこととして捉え、評価するようになっています。
そこで、

 ぁ崗ι覆硫礎諭廚函峪藩兌圓料蠕」を具体的に紹介する
   この効果は、こういう人にはとても有効だという、絞り込まれたウォンツに対して商品を重ねていきます。
 ジ什濂礎佑鰺遒箸傾む
   最後は、特典やインセンティブの呈示です。
     無料相談窓口やホームページへの誘導、
   さらに、「いまだけ50%オフ」とか「初回100名様限定○○円」というインセンティブを添えます。

●セールスレターと相性の良いチラシデザイン

最後に、チラシデザインにも触れておきましょう。
セールチラシは、
 .テゴリーによる価値の分類をした未来志向のデザイン
 悩む姿のイメージ写真を使った問題提起型の現状回復型デザイン
大きく、この2つがあります。セールスレターとの相性を考えて、チラシのデザインも考えましょう。

●最後に・・・・「売れるセールスレター書きます」サービスとは?

1200字から1500字のセールスレターを代筆するサービスです。
あれっと思って読み進めたら、なんだか商品が欲しくなってしまった。
これが、セールスレターです。

セールスレターを添えていけれども、「今回はプロに書いてもらいたい」、
そういう方にお勧めの、新聞de元気山口編集La★boのライティングサービスです。

「ニーズをウォンツに変えて、売上をつくりだす」

それが新聞de元気山口編集La★boのテキストライティングサービスのコンセプトです。
ここに決済方法を入力します。
ここに配送方法を入力します。